おいしいものが好きで好きで。

美味しいものについて熱く語ったり。好きなお店を紹介したり。美味しいものが大好き。 少食だからこそ、おいしいものばかりで満腹になりたい。 たまに雑談はさんでます。★ダイエット始めました 2017.7~

もう食べられないシリーズ「生協ポテトチップス のりからし味」

ひさびさのシリーズです。

 

私が小学生のころ、実家で生協の会員になっていたため

よく生協におつかいに行っていました。

 

当時、まだカードなどはなく、青くて丸い生協オリジナルのキーホルダーがあり

それをレジで見せることで会員という証になっていました。

(今でもよく知らないけど、生協は会員じゃないと買えなかったような?)

これも予測になるけど、近所何人かで会員になっていたので、おそらく付き合いで入っていたのではないかと思います。

 

買い物を頼まれ、母親の財布にキーホルダーがついているので

それを持って頼まれたもの(魚肉ソーセージや豆腐が多かった)を買っていました。

 

そんなとき、決まってお菓子売り場を物色するのが私の趣味でした。

おつかいは小3くらいから行っていたので、一番お菓子が食べたい年頃です(ホント?)

 

親がいるとき、一緒に買い物に行くと買ってもらえることもありましたが

そうすると、姉と一緒に食べるので独り占めができません。

私は本当にものすごくお菓子が好きだったので、全部一人で食べたかったのです。

 

親に頼まれた買い物を済ませ、お菓子を手にまたレジに並ぶ。

レシートを別にすればバレないはずだ、と思っていたので、よくそうやってお菓子を勝手に買っていました。

一番買っていたのは板チョコで、多分60円とかそれくらいだったと思います。

ポケットにも入るし(バレないように自室まで運ぶため)、安いからバレなさそうだし、美味しい。

 

しかし、私は生協でものすごく好きなお菓子があったのです。

それが、生協ポテトチップスの「のりからし味」でした。

カルビーコイケヤは高いので、うちがポテチを買うとしたら、たいていいつも生協のポテチでした。

そしてある日、のりからし味は登場したのです。

 

のりからし、の、「からし」は唐辛子です。おでんのからしではないです。

ポテチに、青のりと唐辛子がまぶしてあるポテチでした。

当時の私は、辛党の母親の料理を常に食べていたため、辛いものにとても強かったのと、辛くないと物足りないという味覚ができていたので

うす塩、とか、コンソメ、とかは興味が持てなかったのです。

(今はうす塩が一番好き)

 

そんな大好きなのりからし味のポテチ。

小5のクリスマスには、サンタにのりからし味のポテチをお願いしたくらい好きでした(笑)

起きたら、枕元に3袋もポテチが置いてあって歓喜しましたが

今にして思えば、なんて安上がりだったことか・・・

 

そんなわけで、いつもいつも食べたかったんです。

しかし、青いキーホルダーがないと生協に入ることすら許されぬ、と思っていたため(実際どうだったんだろう?)

チャンスは、おつかいを頼まれた時しかありませんでした。

 

しかし、ポテチはでかいので持って帰るときバレそうです。

何度も買おうか手にとってはやめ・・というのを繰り返していて、ある日とうとう、買ってしまいました。

私の考えた、家まで運ぶ方法&部屋まで運ぶ方法は、トレーナーの下に入れる(おなかが出る感じ)、でした(笑)

 

実家は花が多くて、よく水やりをしていたり、家の前を箒で掃いたりしていたので

自転車をこいで家に帰るときも油断できませんから

私は生協から家までも、お腹にポテチを隠した状態で自転車をこいで帰りました。

 

カサッカサッと言わせながら。

 

そしたら、まんまと家の前に母親が(何をしていたかは覚えていない)!

相当不自然な動きで、足早に台所へ行って買ったものを置き

いそいで自分の部屋に行って、ポテチをベッドに隠しました。

 

家の中の気配をうかがい(姉や母親の気配)

大丈夫そうだ、と思ったところで、一気に食べました(はやく証拠隠滅しないとならない)

 

ポテチをひとりで1袋食べるなんて、ものすごい贅沢なこと。

美味しくてたまらなかったですね。

 

今思うと、多分そうやってお菓子を買っていたのはバレていたんじゃないかなぁ。

でも家計簿とかつけていなそうだったし、そもそも財布ごと子どもに渡して買い物を頼むって、なんかすごくないですか?

だから、もしかしたらバレてないかもしれないですけど。

基本、おつかいだの食器洗いだの、お手伝いは当然の義務だったので、それがお小遣いに換算されることはなかったんですけど

私は勝手に対価をもらっていました(笑)

 

今はもう、「のりからし味」は存在していないみたいですね。

中学からは部活もあって、あんまりおつかいも行かなくなったし

いつなくなってしまったのかは分からないし、途中で生協の会員を親がやめたので、生協に行くこともなくなりました。

 

いろんなポテチの味が、今はたくさんあるけど

あの時食べた、ある意味とてもシンプルな「のりからし味」。

また食べてみたいなぁ。