おいしいものが好きで好きで。

美味しいものについて熱く語ったり。好きなお店を紹介したり。美味しいものが大好き。 少食だからこそ、おいしいものばかりで満腹になりたい。 たまに雑談はさんでます。

もう食べられないシリーズ「サブマリンドッグ」

こんばんわ。

このシリーズは思い出すたびに更新するのですが、今回は珍しく間隔が短い。

 

そう!

ふと思い出したんですよ、大好きだったサブマリンドッグ。湘南というか、逗子と言ったほうがいいのかな。

134号線沿いにあった黄色いバス。

お気に入りすぎて、彼氏が変わるたびに教えて連れて行ってもらってたな(笑)

shonan.keizai.biz

検索すると、やはりいくつか記事が出てきますね、有名でしたからね。

 

開店しているのかどうか分からないので(休みが不定期だった)、いつも一か八かな感じで夜中、海に向かって車を走らせる。営業時間はかなり深夜までやっていた。

ホットドッグは国名になっていて、ジャパンはソーセージに海苔が巻いてあったり、イタリアンはミートソースやチーズがかかっていたり・・という感じだったと思う。

ソーセージもいくつか種類があって、種類によって使い分けていた、確か。

 

真っ暗な海沿いの134。

目指すは黄色い二階建てバス。

江ノ島を過ぎ、珊瑚礁(カレー!好き)を過ぎ・・・

(お願い!電気ついてて!)

祈りを込める。

 

黄色い二階建てバスが見えて、その脇に屋台のように店があって(バスは食べる場所なんです)、無造作に車が数台とまってる。もちろん明かりが点いている。

注文をして、バスの中で待つ。

バスの中は壁も天井もプリクラでいっぱいだったなぁ。(時代を感じますね、初代プリクラですよ、全部同じサイズです(笑)

わき道から海のほうに行けて、確か手作り風なブランコがあったと思う。

 

私は夜中しか行ったことないんだけど、他の記事を読んでるとサーファーとかが食べていたようだし、日中もきっと営業してたんでしょうね。

もっと行きたかったな。大好きだった。

 

肝心のホットドッグは、めちゃめちゃ美味しかったですよ。すごい凝ってたし。

出来上がるとマイクで呼んでくれて、取りに行くと具が色々のったホットドッグ。

当時、携帯を持っていたかも微妙な時代だったから写真とかもないんだけど・・美味しかった。夜中にそういうロケーションで食べるということも、大きく影響するのだろうけど。

ちょうど私が19くらいかな、最初は友達の弟に教えてもらったんだよね。そのあと本当にいろんな人と行った。

今でもそうだけど、美味しいお店を見つけると、みんなに教えたくて。

最後に食べたのはいつだったかなぁ・・・

2006年に閉店しているようだけど、うーん。。2000年前くらいに行ったのが最後かも(2000年に子どもを産んでいるので)。

 

食べたいね、という話になって行った時にはすでになくて、そこから閉店を知ったんですよね。

134走ってて、あれ!?見逃した?って思ってユーターンしたけど、黄色いバスがなくて。なくなってる!!って思って、すごい悲しかった。

あのホットドッグ、もう食べれないんだなぁ・・。

 

海沿いだから風が強くて、びゅーびゅー風に吹かれながら、談笑しながらホットドッグ食べて、懐かしいな。夜の海。

若い頃ってなんで、すぐ海に向かっちゃうんでしょうか、夜中に(笑)

夜中の海でいつも誰かと語っていたような気がする。

そんな時に、サブマリンドッグは本当にいい場所だった。

泣いたり笑ったり、私の青春の一部でした。

ありがとうサブマリンドッグ、また食べたいよ。

 

 

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ

ランキング参加しています。

よろしくお願いします。