読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしいものが好きで好きで。

美味しいものについて熱く語ったり。好きなお店を紹介したり。美味しいものが大好き。 少食だからこそ、おいしいものばかりで満腹になりたい。 たまに雑談はさんでます。

好きな食べ物を食べるタイミングは?の件について

こんばんは。

このネタはいつも話題に上がりますよね。心理テストとかでもある質問ですよね。

私はどうなのかと言うと、難しいところなんですよねぇ。子供の頃は最後までとっとく派でした。特別だし、お楽しみだし、もったいなくてなかなか食べれなくて。

でも、だんだん食が細くなって、満腹で食べれなくなると言う事態が発生したんです。う~ん、20代くらいかな?

ハンバーグとかも、頑張って付け合わせから食べて、最後に美味しいハンバーグと米で終わるつもりが、ハンバーグが食べきれなくなる。

そこで無理に食べると、美味しい!と感動した気持ちが薄れて、苦しい……でも、もったいない………って気持ちで食べることになる。

 

これがねー。本末転倒なんじゃないかと思って、その頃から好きなものは最初に食べるタイプに変わりました。

それが食べたくて頼んでいるのに、それを美味しく食べれないってどう言うことだ!って思って。

 

よく例だとショートケーキのイチゴに例えられますが、私は生クリームが苦手であまりショートケーキを食べないので、あの例えだと難しいんですよ。

だから、ラーメンのチャーシューとか、トンカツの一番いいところ(真ん中へん?)とか、そういうのに例え直して考えています。

やっぱり食べたいものを最初に思いきり食べるのは気分がいいです。

 

でもね、最後に美味しい味で終わりたいってことにも気付いてしまったんですよね。

ごはんものだと、最後はごはんがいいんです、無味で終わりたいので。そして、米からの、water。

でも、ラスト米の前が、美味しい味がいい。

 

そんなわけで現在の私は分散型です(笑)

最初に好きなものひとかじり→黙々と食べ進める→好きなものの量によっては半分ほど食べたところでまたかじる(少なければ黙々と食べ進めるを続ける)→自分の満腹度合いに合わせて、残りの好きなものをすべて食べる!→米またはwater。

finish!

 

大抵どんな食べ物でも無意識に好きな箇所を見付けて、そうやって食べてますね。

私は食べ物を残すことにあまり罪悪感がなくて(人によっては鬼のように怒る人もいますが、無理すると吐くので)、食べきれそうにない、という信号が体内から発生すると、とっといた好きなものを消費するように動きます。

 

やっぱり、美味しいものを「美味しい」とちゃんと感じられる状態で、食べはじめから食べ終わりまで進めたいのです。

そして、これ食べたい!スキ!と直感で感じたものは最初に口に入れたいです。途中で何が起こるか分かりませんからね。悔やみたくないし。謎の遠慮とかしてる場合ではないです。

 

きっと私がすぐお腹いっぱいにならないなら、好きな食べ物を最後に食べるタイプのままだったろうなぁと思うので、あの心理テストは微妙だと、私は思っているのです。

 

にほんブログ村 グルメブログ いろいろなグルメへ

ランキング参加しています。

よろしくお願いします。